Blogブログ

Share This page :
facebook

設計開始から完成までのプロセス_その3(工事スタートから建物完成まで)

設計開始から完成までのプロセス

工事金額が纏まってからの、建設会社との工事契約締結。
そして工事スタートから建物完成までの流れを説明します。

 

<08.工事契約〜工事着手(着工)>
建て主と、施工会社との間での工事契約締結後、工事が開始されます。
設計者が監理者として関わる事で、設計図書の読み間違いや、不良工事の抑止。施工の信頼性が高まります。
建物の安全性・クオリティを確保する上で、設計事務所の監理業務は重要な役割を果たしております。
建て主には監理報告書(週間・月間)を提出いたします。

 

<09.上棟〜仕上工事>
建物の構造体が完成することを上棟といい、その後、仕上げ工事に入ります。
現場では、工事に関わる全ての協力業者と打ち合わせを重ね、細部までこだわりを持って工事を進めます。
建て主とも仕上げの最終決定をすべく、改めて各種サンプルなどを見て頂き確認・決定していきます。

 

・上棟時の現場イメージ

<10.工事完成〜竣工引渡し>
工事が終了した後、施工者、設計監理者、建て主、検査機関による各種検査をおこないます。

全ての検査を合格した後にお引渡しとなります。
検査済証や取り扱い説明書、保証書など建物に関わる書類一式をお渡しします。

 

・完成写真/稲沢ガレージハウス(サーマスラブ仕様)

 

<11.アフターケア>
お引き渡し後も、一年検査他、各種点検補修の対応を施工会社と共に行っております。
末永いお付き合いをさせていただければと考えております。

京都・大阪の建築設計事務所。片岡英和建築研究室の公式HPはこちら。https://kataoka-arch.com

Share This page :
facebook

Access/Contact usアクセス / お問い合わせ・資料請求

下記より、お問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ
TEL 075-585-6025
〒604-8244 京都市中京区元本能寺町382 MBビル3F
神奈川アトリエ:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾5-11-9

京都で注文住宅を数多く手掛ける設計事務所、建築家をお探しなら片岡英和建築研究室