Blogブログ

Share This page :
facebook

新型コロナウィルスとワークスペースの在り方。

note

<新型コロナウィルスとワークスペースの在り方の考察>

そもそもワークスペースに求められる要素は下記の4項目。

・innovation(革新)
・Socializing(社交)
・Learning(学習)
・mentoring(人材育成)

「イノベーション(革新)」を起こすためには、ライブラリーやワークカフェなど執務室に代わるアメニティの多い空間造りが重要であり、ワークプレイスのパフォーマンスはアメニティの数に比例して高くなるという。

写真:倉庫付オフィスビル(京都府)/設計監理・片岡英和建築研究室

「ソーシャライジング(社交)」についてのデータでは、今回のコロナ禍における在宅勤務状態では偶発的なコミュニケーションによるソーシャライジングは産まれ難く、都市封鎖が行われた米国では、ほとんどが会社回帰を望んでいる様である。

オフィスが唯一の太陽でなければ、必要なスペースは小さくてすむのですが、小さく残った場所を何のための場所とするかが課題となってくる。

写真:新宿オフィス(東京都)/設計監理・片岡英和建築研究室

また、これまでは太陽系のように中心に本社があり、周りに惑星のように支店があり、その周りを廻る衛生のようにサテライトオフィスや自宅がありました。

今回のコロナ禍では自宅がもう一つの太陽となり、会社における重力の中心が大きく変化し、もう一つの太陽ができたことで、働く人の動きも大きく変わりました。

写真:渋谷オフィス(東京都)/設計監理・片岡英和建築研究室

オフィスに求めるもの。

それは同僚と会ってつながり、仕事をサポートするツールやアメニティが利用できること。「ソーシャル」と「メンター」は基本的に対面でないとできません。

必要なオフィススペースが少なくてすむとなると、残った場所はどのようになるのでしょうか。それは、ラーニングやソーシャライズ、メンタリングのための空間でしょう。

写真:元町オフィスビル(大阪市)/設計監理・片岡英和建築研究室

※参考/建築設計REPORT vol.34より一部抜粋編集

京都・大阪の建築設計事務所(全国対応可)
Renault4建築家、片岡英和建築研究室の公式HPはこちら。
https://kataoka-arch.com
※オンライン打合わせ対応可能

Share This page :
facebook

Access/Contact usアクセス / お問い合わせ・資料請求

下記より、お問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ
TEL 075-585-6025
〒604-8244 京都市中京区元本能寺町382 MBビル3F
神奈川アトリエ:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾5-11-9

京都で注文住宅を数多く手掛ける設計事務所、建築家をお探しなら片岡英和建築研究室