Blogブログ

Share This page :
facebook

パッシブ型省エネ住宅の聴竹居

ブログ

京都府乙訓郡大山崎町にある重要文化財「聴竹居」(竹中工務店所有/設計:藤井厚二)の茶室が近く解体修理される様です。
大学では、環境・設備の講義をする中で、環境共生型の住宅として「聴竹居」の話しをするのですが、具体的には、

・熱的に内と外の空気層の役割を担う縁側(廊下)のバッファゾーン。

・季節的な太陽高度を配慮し、夏と冬の日射熱を制御する庇。

・季節風(卓越風)を利用したクールチューブ。

・冬期の熱源利用と夏期の排熱をコントロールする小屋裏空間。

・床下から小屋裏まで、空気を動かす縦シャフト。

といった、温熱・湿気を機械の力に頼らずに建築計画で制御することによって、良好な居住環境を成立させた昭和初期のパッシブデザイン住宅となってます。

<外観>

スケッチ(外観):片岡英和建築研究室

周りの木々は落葉樹。夏は葉っぱが太陽を遮り日陰をつくり、冬は葉が散り太陽光を浴びることができるパッシブの基本則。

<バッファゾーン>

スケッチ(バッファゾーン):片岡英和建築研究室

サンルーム的な陽だまりの縁側空間となっています。

<居間>

スケッチ(リビング):片岡英和建築研究室

クールチューブや小屋裏換気などのパッシブ空調は意匠の中にひっそりと納っています。

省エネルギーに関しては、国際的にはCOP25やパリ協定、建築的にも低炭素や省エネ適判など話題に事欠かない今日この頃ではありますが、改めて、地球環境に負荷をかけないパッシブな省エネ意識を設計に活かしていければと思います。

聴竹居
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎谷田31
※入館は予約制となっています。

京都・大阪の建築設計事務所(全国対応可)
Renault4建築家、片岡英和建築研究室の公式HPはこちら。
https://kataoka-arch.com
※オンライン打合わせ対応可能

Share This page :
facebook

Access/Contact usアクセス / お問い合わせ・資料請求

下記より、お問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ
TEL 075-585-6025
〒604-8244 京都市中京区元本能寺町382 MBビル3F
神奈川アトリエ:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾5-11-9

京都で注文住宅を数多く手掛ける設計事務所、建築家をお探しなら片岡英和建築研究室