Blogブログ

Share This page :
facebook

自動運転『レベル3』とRenault 4

note

自動車業界の先端技術が気になったのでnoteメモ。

ホンダが市販車として世界で初めての自動運転機能「レベル 3」を市場投入するようです。
自動運転は以下の様にレベル分けがされています。レベル3以上が車主体のシステムとなります。

・レベル5:あらゆる状況において全システムが自動化。(構想段階)

・レベル4:特定条件下(高速道路など)で全システムが自動化。(実験中)

・レベル3:特定条件下(高速道路など)で自動運転。(緊急の際は人間が操作する必要あり)

・レベル2:ハンドル、アクセル&ブレーキの両方を自動制御。(普及段階)

・レベル1:ハンドルもしくはアクセル&ブレーキの何れかを自動制御。(広く普及)

レベル1、レベル2はあくまで運転補助の役割であり、運転の責任はドライバーが負うこととなります。 ホンダが市場投入する自動運転システム(レベル3)は、高速 道路で渋滞した際に自動運転に切り替わり、周囲の状況をカメラ・センサー・GPSと連動して人工知能(Al)が解析し、ハンドルやアクセル、ブレーキなどの操作を車に任せて時速50㌖以下の走行が可能となる。ただし、緊急時はドライバーが運転する必要があり、運転席を離れることはできない仕様となっています。(参照記事:読売新聞より)

写真:WRCの走行シーン?(Mortorzより)

京都の設計事務所 片岡英和建築研究室でもこのような先進技術に大いに興味があり、建築設計に役立ちそうなテクノロジーについつい目が止まってしまうのですが、当社ではアナログの塊のような『ルノー4』と長い付き合いをしています。久々にルノー4のネタを探しているとモーターライフ情報メディアの『Motorz』に面白い記事がありましたので、ルノー4に興味のある方は是非 こちら をご覧下さいませ。WRCやパリダカも激走していたらしいです。。。

ご参考まで。

Share This page :
facebook

Access/Contact usアクセス / お問い合わせ・資料請求

下記より、お問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ
TEL 075-585-6025
〒604-8244 京都市中京区元本能寺町382 MBビル3F
神奈川アトリエ:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾5-11-9

京都で注文住宅を数多く手掛ける設計事務所、建築家をお探しなら片岡英和建築研究室