About us片岡英和建築研究室について

京都の一級建築士設計事務所 片岡英和建築研究室の提案する建物は住宅からオフィスビル、商業施設等中小規模から大規模建築まで一貫して『居心地のよい場をつくる』をコンセプトに建築設計&建築デザインを目に見えるかたち(建築)に具現化していきます。

居心地がよければ、人が集い、愛着が生まれ、自然な時が流れていく。

そんな優しい建築を京都より全国対応でご提案します。

業務エリアは京都・大阪等の関西圏を中心に東京・愛知・高知・福岡等でも設計・監理の実績があり、注文建築や住宅、オフィスビル(事務所ビル)、カフェ、クリニック、フィットネスクラブ、旅館、ゲストハウス、乗馬クラブ、駅前複合ビルなど、豊富な経験・実績を活かした建築全般の企画・提案から設計・監理までを業務としています。

建築家/片岡 英和(かたおか ひでかず)

一級建築士設計 片岡 英和

Works実績

住宅

ビル・事業系

オフィス・リノベーション系

Four features4つの特徴

「シンプルであること」

私の考える「シンプル」とは、何方かと言えば「ニュートラル」であり、どのような時代背景、流行や変化をも許容できる器と考えています。

シンプルな建築は様々な変化を受け入れることができ、住宅やオフィスビル、医療施設や商業ビル、ホテルなどの建物用途を問わず、時代の流れと共に変化するライフスタイルにも適応・順応していくことが可能となります。シンプルであることが永く付き合える建築の原型と考えます。

多様性の求められる時代だらこそ、普遍的な建築設計&建築デザインを心掛けます。

「省エネルギーであること」

◯当設計事務所では省エネルギー等級4を標準設計としています。建物全体の断熱性能は勿論のこと、窓の向きや位置、大きさなど建築計画上も風の抜けや熱の動きを考慮し、パッシブとアクティブを効率よく併用した建築計画をおこないますので、空気調和設備に依存しきらない健全な室内環境を設計します。

◯上述の省エネルギーに対するコンセプトを根幹にZEB(Net Zero Energy Building)仕様の省エネルギービル設計及び、ZEH(Net Zero Energy House)仕様の省エネルギー住宅設計にも対応いたします。

◯既存建物の省エネルギー化にも対応できますので、建物価値を高めるストック活用の提案も可能です。
※2021年・ESCO事業共同体設立/新栄電気 + 晶和電気工業 + 片岡英和建築研究室

「地震に強い(災害に強い)建物であること」

<損傷防止>数十年に一回は起こりうる(すなわち、一般的な耐用年数の住宅では一度は遭遇する可能性が高い)大きさの力に対しては、大規模な工事が伴う修復を要するほどの著しい損傷が生じないこと。

<倒壊等防止>数百年に一回は起こりうる(すなわち、一般的な耐用年数の住宅では遭遇する可能性は低い)大きさの力に対しては、損傷は受けても、人命が損なわれるような壊れ方をしないこと。そして、等級が高くなるにつれて、より大きな力に対して目標が達成されることを表しています。

※当設計事務所では上記内容を踏まえ、耐震等級2以上の構造設計を推奨しています。(耐震等級3も対応可能)

<延焼の防止>地震による二次災害の一つに火災があげられますが、抑止対策として上述の耐震化と併せて飛び火やもらい火などの延焼防止対策を施すことで被害の拡大を防ぐことができます。
敷地境界線から生じる延焼ライン(1階:3m、2階以上:5m)の屋根・外壁・開口部などの防火措置を講じます。

「サスティナブルであること」

建築(ものを創る)という行為が環境に与える影響力の大きさは計画・設計の段階で決定されるといっても過言ではありません。省資源・リサイクル・有害物質排出抑制・ライフサイクルコストを配慮し、地域・周辺環境と調和のとれた建物を計画することが、これからの住宅建築の設計やビルディング建築の設計に欠かす事のできないファクターと考えます。

環境に配慮した建築設計手法をとり入れ「家づくり」から「まちづくり」へと、建築という行為をスケールアップさせた未来にある地球環境負荷の低減に貢献し、生活の質の向上を目指す設計&デザインとします。

Share This page :
facebook

Access/Contact usアクセス / お問い合わせ・資料請求

下記より、お問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ
TEL 075-585-6025
〒604-8244 京都市中京区元本能寺町382 MBビル3F
神奈川アトリエ:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾5-11-9

京都で注文住宅を数多く手掛ける設計事務所、建築家をお探しなら片岡英和建築研究室