株式会社片岡英和建築研究室

The Garden Commune|京都・宇治市_駅前商業ビル設計

Access Contact Us

The Garden Commune|京都・宇治市_駅前商業ビル設計

The Garden Commune|京都・宇治市_駅前商業ビル設計

『駅前複合商業ビル/ゾーニングとサーキュレーション』

コンセプト

近鉄の駅前に位置する駅前複合ビルの「The Garden Commune」。
4棟構成からなる複合用途を商業エリア(A・B・C・D棟)、集合住宅エリア(D棟)とで適切にゾーニングし、商業エリアは渡り廊下で全エリアを繫ぎ、施設全体のサーキュレーションを確立できる建築計画としている。

– 序-
大久保駅前に森をつくろうと思う。
様々な店舗が密度高く建ち並ぶ国道沿い。 「東京には空がない」といつか智恵子の抱いた印象が街並みにオーバーラップする。 息が、詰まりそうだ。
空が見たい。緑が見たい。自然が見たい。 だからぼくたちは、大久保駅前に森をつくりたい。

-破-
日本には三名園と呼ばれる庭園があります。偕楽園。後楽園。兼六園。 日本庭園に限らず、庭には人々を惹きつける力があります。 それは、木々の緑や木陰、木漏れ日や紅葉、せせらぎや土の匂いなど五感を心地良く 刺激してくれる自然の力を宿しているからだと思います。 この地に創造するのは「庭」を冠に宿す空間です。そう、「森」への想いも託しつつ。

-急- フランスやスイスにおける、基礎自治体の最小単位を「コミューン」と呼びます。 庭の散策や休息など自由な往来を許容することで生まれる人々の集まりが、この地域 のコミューンとなり、賑わいを生み出していく核となります。 昔はそこかしこにあったそんな「地域の庭」が増えると、きっと100年後の京都も またたのしいと考えます。
ブランドの名は“THE GARDEN COMMUNE”
そろそろ森をつくろうと思う。

photo:Stirling Elmendorf Photography

基本情報

所在地 :京都府宇治市

主要用途:飲食店、集合住宅

敷地面積:2999.67㎡

建築面積:1518.63㎡

延床面積:4043.33㎡

規模  :地上5階建

主体構造:鉄骨造

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。